勃起障害と威力と料理について

料理は体を維持、健康に維持していくためにとても必要なものです。

料理は美味しいだけでなく、栄養なども考えて、料理を作り、また食事をしなければなりません。

料理は、口に入り、それが体に行き渡って体に大きな影響を及ぼします。

例えば、拒食症などになってしまった方々の場合、料理を口にすることが出来ないため、どんどんとやせ細り、やがて自力では歩けないほど、衰弱してしまいます。

また、あまりにも過酷な運動などを行った後、どうしても疲れてしまって料理が食べられない…そのような方もおられますが、その次の日などには、疲れがさらにどっと押し寄せる形になってしまいます。

このように食べ物は、体にとても大きな威力を与えるものであり、古代のとても昔から、食べるものは、とても貴重とされてきました。

戦時中などでも、食べ物がなく、餓死近い状態に体がなってしまった人たちがたくさんおられ、その影響力の強さと、体への、体を動かすことへの威力がうかがうことができます。

勃起障害も、このように、食事、料理などが関係していることがあります。

上記のように、勃起障害も体の一部の障害であり、それ自体は何も恥じることではなく、とても多くの方々が体験していることですが、このように、体の資本となる、食事がきちんとできていないと、体に大きな威力がかかってしまい、栄養などの面から、勃起障害となってしまうことがあるのです。

よく聞く話ですが、ダイエットを過酷に行った場合、または、極限状態などで食べ物がなかった状態、または体力トレーニングなどの厳しさから、極力料理を食べなかった結果、性欲がどんどんと落ち、体に障害が起こってしまう、そのようなこともあります。